疲れ目を改善したい方は、目の体操をしてみてはいかがでしょうか? どなたでも簡単にできる目の体操を2つご紹介いたしますので、疲れ目の方は参考にしてください。 ・目のコリを取る体操 ・疲れ目防止体操 まず、目のコリを取る体操からご説明いたします。 目を強く閉じて、パッと開けます。 それから、黒目を右に動かし、次に左に動かしてください。 同じように、黒目を上に動かして、さらに、下に動かします。 これを3回ほど行うことで、目のコリが解消され、すっきりとするはずです。 そして、疲れ目を防止するためには、まず近くにあるものを20秒ほど見て、その後、遠くのものを5分間ほど見てください。 これを繰り返すことで、ピントが合いやすくなり、目が疲れにくくなります。 この2つを1日数回行うことで、疲れ目を改善したり、予防することができます。 パソコン作業をする時間が多い人は、目が疲れやすいので、適度に行った方が良いでしょう。 疲れ目をそのまま放置しておくと、肩こりや頭痛にも繋がるので、くれぐれも注意してください。